沿革

1981年 輸出入商社として宝成貿易株式会社を設立
1982年 香港に系列会社寶成貿易有限公司を設立
1987年 メモリーモジュールの製造と販売を開始する
1989年 米国カリフォルニア州シリコンバレーに系列会社CENTURY MICROELECTRONICSを設立
メモリー関連製品の企画・製造・販売を世界規模で実施する
1992年 社名を センチュリーマイクロ株式会社 に変更
IBMコンピューター専用のメモリーモジュールを販売開始
アップルコンピューター専用のメモリーモジュールを販売開始
1993年 日本アイ・ビー・エム株式会社に同社認定品として納入を開始
1997年 大手複合機メーカーやホワイトボックスメーカーへの
OEM供給体制を強化し製品の販売数量を大幅に拡大する
1998年 渋谷区神南に自社ビルを建設、移転する
自作系パソコンの将来性に着目、D.I.Y.系の店舗に製品供給を開始する
1999年 幕張で開催されたWORLD PC EXPO ‘99に参加
業界内での知名度を高めると同時に販売網も拡大する
2000年 米ダラスに工場を設立
生産拠点が国内、香港と併せ3拠点となる
2001年 DDR-SDRAMを搭載したメモリーモジュールの量産期に入る
メモリーテスター関連設備の増強を行い、より一層の品質向上を図る
2002年 製品の鉛フリー化に着手する。鉛フリーメモリーモジュールのサンプル出荷を開始
2003年 DDR2‐SDRAMを搭載したメモリーモジュール設計に着手する
2004年 RoHS指令等に対応した環境対策製品量産期に入る
DDR2‐SDRAMを搭載したメモリーモジュールの量産を開始する
2005年 事業拡張に伴う効率化のため事務所移転
2007年 DDR3搭載DIMMを量産を開始する
2008年 アミューズメント製品の量産を開始する
2010年 DDR3 Registered製品などサーバ機器に適応を拡充する
2011年 DDR3 SO-DIMM ECC製品の量産を開始する
2012年 DDR3 Registered 16GB製品の量産を開始する
2013年 DDR3-1866MHz製品の販売を開始
DDR3L 1.35V定電圧製品の量産を開始する
2014年 DDR4製品の開発・量産を開始する
2015年 DDR4-2400MHz製品の販売を開始する